|        |        |       |    
ごあいさつ
ハイライト
パケージツアー
オプショナルツアー
予約の形態
ミャンマーの地図
フォトギャラリー
ニュース
観光地
どこに行きたいですか
ホテルインフォーメー
レストラン
所要時間
 

どこに行きたいですか

ヤンゴンと近郊  | マンダレーと近郊 | パガンと近郊  | インレーと近郊  | ミャンマー南部
 
ミャンマー西部
 | ミャンマー北東部 | ミャンマー北部  | ミャンマー/タイ国境線 | ビーチリゾート  

 

1. ヤンゴンと近郊
 

ヤンゴン

   首都であり、ミャンマーの表玄関であるヤンゴンは南国の花、樹木と美しい湖に囲まれた東洋のガーデン都市と言われている街です。まばゆいばかりに空高く輝いているシュエダゴンパゴダは高さ 100 メートル、その回りに 64 もの小パゴダが取り囲み、観光客に強烈な印象を与えています。かってのイギリス植民地時代のビクトリア風の建物、行き交う人々のロンジー姿は他の東南アジアでは見られないミャンマーならではの光景です。

タウチャン

 ミンガラドン空港からパゴーへの方向にある第二次世界大戦の連合軍墓地27000人の丘土が眠り、墓はみごとに整備されています

 

トゥンテー(壷の町 )

    ヤンゴンの南 30 キロにあるトゥンテーは焼き物の町として知られています。町では焼き物が出来るまでの行程や生産される手織りの木綿の布がご覧になれます。

 

チャウタン町

 
チャウタンはヤンゴンから約35キロの所に位置し、水上パゴダの町で知られています。船着場から 5 分ぐらいボートに乗ればパゴダに到着します。

 

パゴー

  パゴーは 14 世紀から 16 世紀までモン族の王の古い首都であったところであり、ヤンゴンの北東 80 キロのところに位置しています。歴史的には町は 6 世紀ごろから開かれ、シュエターリャウンパゴダの長さ 55 メートルの寝釈迦像や柱を背にしたチャイプンの四面釈迦座像が特に有名です。

 

ピィ

   ヤンゴンから北へ286キロ、エヤワディ河沿いにあり、ヤンゴンから 5 時間のドライブです。ピィはタエキッタヤの古都“ピィ”への起点の町であり、59世紀にさかのぼるミャンマーでの首都でした。メガネをかけたシュエミャェッマンパゴダの釈迦座像は大変めずらしくて有名です。

 

セインイェ (フォレストキャンプ)

 トングーから約1 時間半の所にあります。このセインイェ フォレストキャンプはパゴーヨーマ山系のチーク材の古里であり,働くゾウが山の中で見られます。

 

アカウタウン  

      ピィの北、エヤワディ河沿いに位置しています。岸より船で 15 分、山の斜面に数百もの仏像がほられてあり、山頂からのアカウタウンパゴダよりエヤワディ河の眺望が楽しめます。

2.マンダレーと近郊
 

マンダレー  

 マンダレーは英国植民地になる前の最後の王朝があった所です。地方の文化、経済及び宗教行事の中心地であり、ミャンマー第二の都市です。ヤンゴンの北約700キロにあり、エヤワディ河の東岸に位置しています。国の僧侶の大半がマンダレー周辺に居住しています。釈迦像の石の彫刻、刺繍、絹織物、金箔などが観光客の目を楽しませてくれます。

 

チャウセ  

 車で 1 時間、マンダレーの南にあるチャウセは毎年10月にゾウ祭りが行われるので有名です。また四体の釈迦立像が山の上から町を見下ろしています。

 

ザガイン

 マンダレーの西 20 キロにあるザガインは14世紀と18世紀の二度ミャンマー王朝でした。ここは全国から集まる僧侶達の瞑想の中心地として有名であり、ザガインヒルは宗教修業の地として知られています。

 

ミングン  

 マンダレーから船で河を上ること、約一時間で到着します。ここはボードパヤ王の未完成パゴダミングンの鐘(動く鐘として世界一の大きさ)が有名です。

 

インワ(アバ)  

 インワはマンダレーの近く、ミャンマーのライフラインとしてのエーヤワディ河の東岸に開けた町で、地理的に重要な所に位置しています。そのため14世紀から19世紀の間に四度も王朝が置かれました。現在も当時の城壁の一部が残っています。観光ポイントとしてバーガヤー僧院、メヌオッチャウンがあります。

 

アマラプラ  

 マンダレーの南 12 キロに位置するアマラプラはコンバウン王朝の都でした。ここはウーペイン橋の名で知られる長さ1.2キロのチーク材の木で出来た橋が有名です。

 

ピィンウールイン  

 海抜1100メートルにあるピンウールィン1900年代にイギリス植民地の避暑地として発展しました。馬車に乗っての観光はきっとよい思い出になるでしょう。

 

モンユワ  

 マンダレーから137 キロ、チンドウィン河の東岸にあります。上ミャンマーでの第二番目の都市でポーウィンタウンの洞窟寺院、シュエタリャウン寝釈迦像  , タンボウッデェパゴダなどがあり、特に有名なのは菩提樹1000本に対して1体づつの仏像(計1000体)があります。

 

シュエボ  

 シュエボはマンダレーの北西114キロにある町です。アラウンパヤー王の17601764年に王都となった所であり、現在は周囲をみごとに耕された土地にナッツ、米、ゴマ、野菜などを生産する農産物の町として知られています。

3.パガンと近郊
 

パガン

 マンダレーの南約300キロ、イラワジ河の東岸に位置しています。パガンはカンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドールと共に世界三大仏教遺跡の一つです。1113世紀までパガン王朝があった所で、現在 2000以上ものパゴダが点在しています。

 

ポッパー山

 パガンから50キロのポッパー山はミャンマーでのナツ信仰の聖地として知られています。パゴダや寺院は736メートルの絶壁の上に建てられています。山近くのポッパー山リゾートホテルでは乗馬、水泳やハイキングなどが楽しめます。

 

メイッティーラ

 メイッティーラはパガン~タウンジー、ヤンゴン~マンダレー間の道路の交差する町です。これは鉄道線のタージーと同じで重要な商業都市でもあります。  

4.インレーと近郊
 

タウンジー

 タウンジーは「大きな山」を意味し、シャン高原の海抜140メートルにあります。インレーから1 時間のドライブです。カラフルで活気あるマーケットは見る価値があります。

 

ピンダヤ 

 インレー湖から3時間のドライブです。ピンダヤは海抜1180メートルに位置しています。ダヌ族、パオ族などが住み、伝統的衣装を身に付けています。 シュエウーミン洞窟8094体もの仏像が安置されていて有名です。

 

インレー湖

 タウンジーの南30キロ、海抜900メートルにあるインレー湖はインダー族の片足漕ぎの舟で有名です。カモメが乱舞する船でのインレー湖巡りはすばらしい旅の思い出です。またネコが飛び上がるジャンピングキャット僧院も楽しい所です。水上農園、水上マーケット、水上家屋などが楽しめます。

 

カロー

 インレー湖から2 時間の3ドライブ。カローは海抜1300メートルのシャン高原に位置しており、美しいマツの木が茂る町で避暑地として有名です。ここからパラウン族の村へのトレッキングも楽しめます。

5.ミャンマー南部
 

チャイティヨー(ゴールデンロック)

 最も面白い観光の目的地の一つはチャイティヨーのゴールデンロックを訪れることです。ヤンゴンから車で180キロの所にあります。
 黄金の巨岩の上に小さなパゴダがあり、チャイティヨー山頂の崖の端にあり、落ちそうで落ちない不思議な岩のパゴダとして有名です。

 

モウラミャイン

 モン州の州都であるモウラミャインは緑豊かなトロピカル港で、パゴダ群に囲まれた丘よりみごとな町と海の風景が楽しめます。

 

タンビュザヤッ

 モウラミャインより南へ約65キロのタンビュザヤッはかっての第二次世界大戦の泰緬鉄道の起点の町です。現在日本の慰霊碑及び連合軍のみごとに整備された墓地があります。

 

パアン

 カイン州の州都パアンはヤンゴンの東約270キロにあり、ここはズェガビン山で有名な風光明媚な町です。1120体もの釈迦座像群のルンビニ公園へ入ると圧倒される迫力でもって興奮の世界へ誘い込んでくれます。

 

ムドン

 モウラミャインより30 キロ、30分のドライブです。ムドンは現在世界一の寝釈迦像が建設中のウィンセイントーヤ寺院が特に有名です。入り口に入ると道路に沿って約200体もの托鉢僧侶群に出迎えられ、感動の世界へ導いてくれます。

6.ミャンマー西部
 

タンドウェイ(サドウッェイ)

 ラカイン州の町、タンドウェイはヤンゴンから飛行機で45分で到着します。ガパリサンドービーチはタンドウェイの北東10キロに広がっています。

 

シットウエ

 ラカイン州の州都。カラダン川の北部沿岸上にあり、有名なミャウーへの起点の港となっています。

 

ミャウー

 1518 世紀に栄えた ラカイン王国の都市。シットウエからカラダン川を行くこと6 時間の船の旅です。要塞寺院、石やレンガ造りのパゴダが有名です。最も印象深いのは80000体もの仏像が安置されているシッタウン寺院です。

7.ミャンマー北東部
 

ゴクテイク鉄橋

 1901年アメリカの会社により建設された世界二の高さの鉄橋です。この鉄橋を渡るスリル満点の汽車旅行はきっと良い思い出となるでしょう。

 

ティボー(シボー)

 ティーボーは一度はシャン州の中心地でした。この町はかってオーストリアからのプリンセスが1962年まで住まれたので有名です。マンダレーからティーボーへの汽車旅行では世界第二の高さのゴクテイク鉄橋を通ります。

 

ラーショー

 中国系シャン住民が大半をしめるこのラシオはマンダレーからの列車の北東の最終駅に位置しています。中国寺院、マーケットや温泉が見るべき所です。

 

ムセ

 ミャンマーの北東に位置するムセはマンダレーから車で1012 時間のドライブで、ミャンマーと中国の国境の町です。旅行前にムセ訪問の特別許可が必要で、少なくとも1015日前に旅行社で手配の準備をしてくれます。中国国境の町の訪問が可能ですが、申請書に中国訪問希望の明記が必要です。

 

チャイントン

 シャン州の東に位置する黄金の三角都市と言われるチャイントンは多くの種族が住む深山の町です。 ヤンゴンからは飛行機で到着。車ならタチレクから約165キロの悪路を行くことになります。 アカ族、ラフ族、ワ族、リショウ族やシャン族の村を訪問するトレッキングはすばらしい体験となるでしょう。

 

マイラー

 マイラーはミャンマー / 中国間の国境の町で、チャイトンから2時間のドライブです。異国情緒漂う町で、モダンなカジノとエレファントショが有名になっています。  

8.ミャンマー北部
 

ミッチーナー

 
ミッチーナーはミャンマーの最北部のカチン州に位置しており、マンダレーの北780キロにあります。ヤンゴンから飛行機で2時間半、マンダレーから2426時間の汽車の旅になります。ミッチーナーは有名なミッソンで知られたメカとマリカという二つの川の合流点が観光名所です。

 

プターオ

 ミッチーナーから北へ飛行機で約50分、ミャンマーの最高峰のカカボラジ山5881mへの登山の起点となる町です。ミャンマーのスイスと言われる風光明美な桃源郷、尚プターオでは雪に覆われた山々の美しい景色がご覧になれます。ベストシーズンは11月~2月。

 

インドージ湖

 インドージ湖は広さ333平方キロのミャンマー最大の湖であり、ホーピンから車で45キロの所に位置しています。 毎年3月に行われるシュエミィンズパゴダ祭りは数万人の人々が訪問し、ちょっとした町になります。

 

9.ミャンマー / タイ国境線
 

タチレク

 ミャンマー / タイ間の3つの国境の一番北にある町。ヤンゴンから飛行機か又はタイ側メーサイの町から歩いてサイ川を渡って入ります。タチレクは車で行くチャイントンへの表玄関です。

 

ミャワデイ

 ミャンマー / タイ(メソート市)の国境の町。タイ側のメソート市からミャンマー/タイの友好橋を歩いて渡って入ります。国境ゲートは06:00時~18:00時までオープンし、3時間もあればミャワデイ市内を観光出来ます。

 

コートーン(ビクトリアポイント)

 ミャンマー/タイ(ラノン市)国境の町でミャンマーの最南端、最北部から2000キロの所に位置しています。コートーンはアンダマンクラブ(タティチュン)への海の表玄関です。

10.ビーチリゾート
 

ガパリービーチ

 ミャンマー最高のリゾートビーチの一つ。ラカイン州沿岸上に位置し、ヤンゴンから飛行機で45分で到着します。ブルースカイ、コバルトブルーの海、そしてホワイトサンドと風にそよぐココヤシ林が3キロに渡ってのびるすばらしいビーチが展開します。近くに18コースのゴルフコースがあり、豪華でモダンなホテルが観光客を楽しませてくれます。

 

チャウンタービーチ

ベンガル湾沿岸上のパテインの西約60キロに位置し、ヤンゴンから車で67時間のドライブです。 チャウンタービーチはヤンゴンから最も近くて美しいビーチであり、20以上のホテルとゲストハウスが観光客を待っています。

 

ングェサウンビーチ

 20003月オープンの新しいビーチでヤンゴンから242キロ8時間のドライブです。ミャンマーで最も長いサンドービーチとして有名です。 現在、急ビーチで未来の大サンドビーチとしての各種施設が建設中です。

 

アンダマンクラブタティチュン)

 タティチュンはアンダマン海に浮かぶ美しい島でフィッシング、カジノ、スキューバダイビング、デューティーフリーショップ、ゴルフコースなどを完備したアンダマンクラブとして有名です。コートンからスピードボートにてアンダマンクラブへお連れします。

 

 

 
SM Tours & Transport Company Limited

No.32, Ground Floor, 10th Street (Middle Block), Lanmadaw Township, Yangon, Myanmar.
Tel: (+95-1) 225774~6
Email : , ,

Internet : http://www.smmyanmar.com

Web Developer: Myanmars.NET, Yangon, Myanmar.

Copyright 2010- by
SM Tours & Transport Co. Ltd.